老い支度

日々の楽しみ

乗り気ではなかったデイケア通い。意外なことに、父の行く気を盛り上げたのは○○○○だった!

運動、入浴、昼食、レクレーションのサービスを受けられる高齢者向けの介護施設。なかなか通所に乗り気にならない父だったが、意外なことに興味をそそられたものがありました。それは・・・?
日々の楽しみ

どうやったら90歳の父が自分でお茶をいれて飲めるようになるのだろうか? ・・・試行錯誤から見えてきたこと&感じたこと

自分でお茶がいれられない90歳の父にティーバッグの使い方を指南していたら、父が宇宙人のように思えてきた、というお話です。
日々の楽しみ

札幌を発つ朝は、定番のバタートーストを父に焼いてもらった

母の入院後、父をサポートするために札幌に飛んで一ヶ月。いよいよ帰る朝、父が毎朝食べているバタートーストを私にも焼いてもらいました。
日々の楽しみ

父との会話の角をとるには、方言ごっこが有効みたい

父母のサポートの1ヶ月の後半、雑用にとめどなく攻められるなか、父と方言を使うのがちょっとしたブームです。
日々の楽しみ

もうすぐ90歳の父の独居生活に向けて、朝食の合理化・仕組化・習慣化に取り組んでます!

突然の母の入院が長引き、90歳になる父が朝食を自分で用意できるように訓練中です。その毎日をレポートします。
日々の楽しみ

父との会話を決裂させないコツが分かってきたかも

父と二人で暮らすこと2週間。会話の決裂をうまくかわすコツがつかめてきました。それは、どんなコツかというと…
気になること

コロナ禍、入院も介護もずいぶん複雑になってます

母が熱中症で入院し、今後の母と父の介護計画を練っている。いやはや大変です。コロナ感染予防対策が加わって、物事が複雑になるばかりに感じられます。
あちこち散策

やむをえない事情で札幌に飛んできた。お盆シーズンなのにガラガラ状態の空港と飛行機にびっくり!

空港も飛行機もほんとに空いていて、おそらく感染リスクはとても低かったと思われる道中をレポートします。
原田病日記

発見いっぱい原田病日記|その13|ショッキングだった退院後の尿漏れ事件をあえて思い出す

4年半前、原田病を発症して2週間の治療入院をして家に戻ってきたとき、私はよろよろな虚弱状態にありました。その頃のショッキングな体験を最近よく思い出しています。
気になること

遠方に住む母の食卓と、コロナ禍の巣ごもり需要によるホットケーキ市場の変動と

半身不随で料理が思うようにできない母に冷凍ホットケーキを勧めたところ、いまはスーパーで買えないことが発覚。食品の流通におけるコロナ禍の影響に、びっくり!