ライフスタイル

これまでの主な仕事紹介

季刊『社会運動2024-4』ワクワクする再エネ社会_座談会まとめ記事

生活クラブグループが2023年9月に実施した「再生可能エネルギー政策と地域社会づくり ドイツ・デンマーク視察ツアー」の参加者4人の座談会を記事にまとめました。
気になること

スマホを忘れて出かけ、あら大変!だった7月のある日のこと

時計に電話、乗換検索、マップ、メール、カメラ、ボイスメモetc.と機能満載のスマホは、もはや外出時の必需品。それを忘れて出かけてしまうとどうなるか。冷や汗いっぱいの実体験。
気になること

ケアマネさんとのコミュニケーションに疲れました。仕事と介護の両立の大変さをもっと理解してほしい

4月から小規模多機能型の介護サービスを利用している母。「家での生活」を基本とするサービスは魅力的だったが、現実には無理がありました。4ヶ月チャレンジした今、次のステップに進むことにしました。
日々の楽しみ

はっか油で介護生活を快適に♪

指南書『はっか油の愉しみ』のおかげで、介護生活における排泄臭の悩みが大幅に軽減されました♪ はっか油、ばんざーい!
日々の楽しみ

すごい! 2年目にして実ったよ、マルベリー♡

2年前、庭にひょろりと生えてきた桑。いまでは2メートルを優に越す立派な「木」に育ち、なんとなんと黒くておいしい実が生りました♪
これまでの主な仕事紹介

『生活と自治』2023年5月号:働くことが社会をつくる

埼玉県志木市で「ミシンカフェ紬」を運営する「ワーカーズ・コレクティブ紬」の取材記事を担当しました。
気になること

自己評価が低くなりがちな心に抗う

父母の介護をしていると雑務がやたら多くて、時間も労力も削り取られて仕事は時短。いつもやり残し感の強い日々で、気づくと自己評価が落ちている。そんなウツウツ感に抗って、自分で自分を褒めまくる習慣をつけてます。
仕事について

編集すると、流れが変わる

理事として関わっているNPO法人の活動の50周年事業に携わり、編集することの奥深さをあらためて感じました。共感できる人たちとの「仕事」がいかに有意義かも強く実感できました。
気になること

私たちは父母をどこで死なせてあげられるのか

母83歳、父92歳。二人がどこで、どんなふうに最期を迎えることになるのか。そのときが近いのか遠いのかはわからないけれど、どうしてあげられるのかが気になる今日この頃。
気になること

10月末、母を自宅に2泊3日で迎えてみて

大腿骨骨折から病院とリハビリ施設で1年余を過ごしてきた高齢の母は、今やほぼ寝たきり状態。しかもコロナ禍で面会できないまま。そこで、数日を自宅で過ごさせてあげよう企画を立てました。