地域

これまでの主な仕事紹介

季刊『社会運動2021-4』山梨のコミュニティファーム発足の取材記事

生活クラブ生協・山梨の子ども食堂、フードパントリー、コミュニティーファームの活動のレポート記事を担当しました。
気になること

本を買うときは、地元の本屋さんで買うことにします(宣言)

大手ネット通販サイトで、有料会員サービス登録への誘導がほぼデフォルトになっていて腹が立った。で、本は地元の本屋さんで取り寄せて買うことにしました。
これまでの主な仕事紹介

『生活と自治』2020年12月号:手づくりの「社会福祉」を目指して

社会的養護のもとで育った若者たちを中心とする多様な人たちの居場所を運営し、「多様性が尊重される社会の実現」を目指すNPO法人「日向ぼっこ」さんの活動の紹介記事を担当しました。
日々の楽しみ

ご近所の農家さんの軒先販売所めぐりが、毎日の散歩を楽しくしてくれます♪

ウォーキングしながら農家さんの軒先販売所を開拓しています。個性豊かな直売所で買える野菜は、これまた個性豊か。野菜1つ1つとの出会いも、一期一会なのだと感じます。
あちこち散策

近所で雑木林をもとめ歩いていたら、江戸時代の新田開発の名残をたどっていた

私が住む所沢ニュータウンの外側には、江戸時代の地割をたどれる雑木林が残っています。そんな素敵な散歩道をご案内。
日々の楽しみ

世間一般から遅れに遅れて、今ごろ「あまロス」。2週間どっぷり朝ドラ『あまちゃん』の世界に浸って学んだのはアントレプレナー精神だった

遅ればせながら2013年4月から放映された朝ドラ『あまちゃん』を観ました。ウィズ・コロナ時代を生き抜くためのヒントと希望を与えてもらった気がします。
日々の楽しみ

4月から、有機野菜の共同購入グループ『NPO法人 所沢生活村』の野菜を食べています

地元の有機野菜共同購入グループに入り、美味しい野菜をたくさん食べるようになりました。コロナ禍で毎日毎日地元で過ごすうちにできた地縁あっての嬉しい成り行きです。
日々の楽しみ

所沢市をもっと知りたくて重厚な『ところざわ歴史物語』を読んでみた

所沢市の歴史を知りたくなって、所沢市教育委員会発行の『ところざわ歴史物語』を読んでみた。充実した内容で繰り返し読みたくなる本ですが、重厚すぎるのが玉に瑕かな。
気になること

所沢市における犬の飼い主に向けた看板に関して観察してみた

このところ、犬に関する看板が気になる。劣化しすぎて元に何が書かれているか不明の看板も多くある。というわけで、看板ウォッチング!
これまでの主な仕事紹介

季刊『社会運動2020-4』生協の子ども支援についての取材記事

伊藤由理子さん(生活クラブ連合会常務理事)を取材し、『首都圏若者サポートネットワーク』の活動についての記事を担当しました。