母のこと

日々の楽しみ

再び、札幌の老父母のもとへ

姉と私とで1〜1.5ヶ月周期で老父母の家に滞在するようにしています。今回は、父の確定申告を手伝い、あれこれ雑用に励む8日を過ごしてきました。
気になること

繰り言が、こわい。

高齢の父母は、電話すると同じ話を何度も繰り返す。だけど、それは今に始まったわけではなく、中年の年頃から始まっていたように思う。くわばらくわばら・・・私も中年だ。はて、これからどうしたものか、気になってます。
日々の楽しみ

年末年始は、札幌の父母の家で雑用三昧でした

年末年始の10日余り、老父母の家で過ごしてきました。雑用をこなしつつ、おおむねのんびり平和な年越し。ありがたいことです。
日々の楽しみ

栄養バランスのよい配食サービスが、高齢父母の食生活を豊かにしてくれています

かねてから父母が拒絶していた配食サービスでしたが、母の入院を機に利用しはじめました。栄養バランスも味もよく、いまや父母も満足の毎日です。離れて暮らす私たちも、ひとまず安心。
気になること

コロナ禍、入院も介護もずいぶん複雑になってます

母が熱中症で入院し、今後の母と父の介護計画を練っている。いやはや大変です。コロナ感染予防対策が加わって、物事が複雑になるばかりに感じられます。
あちこち散策

やむをえない事情で札幌に飛んできた。お盆シーズンなのにガラガラ状態の空港と飛行機にびっくり!

空港も飛行機もほんとに空いていて、おそらく感染リスクはとても低かったと思われる道中をレポートします。
気になること

遠方に住む母の食卓と、コロナ禍の巣ごもり需要によるホットケーキ市場の変動と

半身不随で料理が思うようにできない母に冷凍ホットケーキを勧めたところ、いまはスーパーで買えないことが発覚。食品の流通におけるコロナ禍の影響に、びっくり!
日々の楽しみ

「ママの味」のレシピをもとに、スポンジケーキの砂糖をどこまで減らせるか実験中♪

基本のレシピよりも砂糖を少なくして、どこまで美味しくできるか試しています。素朴で、ちょっとモソっとするスポンジケーキが私好みです。
気になること

「ママ」と呼ぶこと、「ママ」と呼ばれること、「ママ」を主語に語ることについて

「ママはね〜」と自ら「ママ」を主語にして話す母への違和感を分析してみたら、自分自身の未熟さが見えてきました。
気になること

「自分ファースト」にしなけりゃ介護は続けられないと実感した2回の札幌長期滞在を振り返る

昨年夏と今冬、高齢の父母の家に長期滞在をしたところ、涙が止まらなくなるという不安定な精神状態に陥ってしまいました。なぜ?どうしたらいい?を考えてみました。