安田 知代

あちこち散策

【滝の城址公園】中世の城跡をたどり、地形と景色を楽しみながら散策できる所沢市のプチ名所

所沢市大字城にある『滝の城址公園』。16世紀に北条氏の持城だった城のひとつです。3月終盤の週末に、のんびり歴史散歩してきました。
気になること

地元選出の自民党議員さんに【お願い】のメッセージを送ってみました。ご参考になれば。

森友学園をめぐる公文書改ざんがもとで3年前に自死された赤木敏夫さん。このままうやむやにしてはいけない。私に何ができるんだろう?と考えつづけてます。
気になること

考えること&対話することから本質をつかむ。そのコツを教えてくれる良書『はじめての哲学的思考』

「一般化のワナ」「問い方のマジック」「帰謬法」という3つの注意点を意識すれば、思考も対話も可能性が広がると教えてくれる良書です。
気になること

「ママ」と呼ぶこと、「ママ」と呼ばれること、「ママ」を主語に語ることについて

「ママはね〜」と自ら「ママ」を主語にして話す母への違和感を分析してみたら、自分自身の未熟さが見えてきました。
気になること

ルース・ギンズバーグがアメリカ合衆国最高裁判所の歴代2人目の女性として判事になるまでに受けた女性差別をたどる伝記絵本が、とてもチャーミング♪

アメリカではリベラルな若者を中心に『LBG』の愛称で人気のある最高裁の女性判事の伝記絵本。短時間で多くを学べる秀逸な絵本です。
気になること

アメリカ合衆国最高裁判所の歴代2人目の女性判事となったルース・ギンズバーグの半生を描いた映画『ビリーブ 未来への大逆転』が教えてくれたこと

87才で現役のアメリカ最高裁の女性判事ルース・ギンズバーグ。その半生を描いた映画には、「未来を変えたい」という意志の大切さが溢れています。
気になること

市川房枝記念会女性と政治センター主催の『国の第4次男女共同参画基本計画と2020(令和2)年度予算案について聞く会』を勝手にレポート

2020年度の「男女共同参画」の推進にかかわる各府省の予算について聞く会に行ってきました。私がわかったこと、わからなかったことをまとめました。
暮らしのDIY

DIYリフォームを進めていたSOHOの仕事場が、仕上げのペンキ塗りを終えてすっきり居心地よくなりました♪

仕事部屋の壁に爽やかなグリーンと白のペンキを塗りました。きれいにできたので写真もあれこれはさんで大公開しちゃいます!
気になること

ロサンゼルス中央図書館の大火を題材にした『炎の中の図書館』は単なる火事のルポじゃなく、図書館をめぐる総覧みたいな本だった

図書館について多く学べ、多様な視点で考えるきっかけを与えてくれる本でした。ロサンゼルス中央図書館の火事、想像を絶します。
日々の楽しみ

どこを切り取っても美しい映画『マイ・ブック・ショップ』に感じた、女性起業家へのあたたかな眼差しについて

2018年に日本でも公開された映画『マイ・ブック・ショップ』。女性の勇気と情熱へのあたかかなエールが通底する名作です♪